01.白兎神社の紹介


A101

141222_1986

祭神:白兎神、保食神、豊玉比売

祭祀:例祭4月17日(近い日曜日)

社紋:亀甲に剣花角

本殿:大社造変形

神話「因幡の白うさぎ」で有名な白兎神社は古事記・日本書紀に記されている由緒の明らかな神社です。

御祭神は白兎神(はくとかみ)を主祭神とし保食神(うけもちのかみ)、豊玉比売(とよたまひめ)を合祀しています。

豊玉比売は気多ノ前(けたのさき)の神ヶ岩にある川下神社を大正元年に合祀したものです。

縁結び皮膚病傷病に霊験がたかく、古事記では、「稲羽之素菟」と記されています。

大国主命(おおくにぬしのみこと)八上比売(やかみひめ)との縁を取りもたれた縁結びの神社でもあります。

白兎神:古事記の中の「稲羽之素菟」に登場する「しろうさぎ」で、縁結び・皮膚病平癒の神です。

保食神:日本書記に登場する穀物の神です。

豊玉姫:海神・大綿津見神の娘で、山幸彦の妻でもあり、初代神武天皇の祖母となる、安産・海の神です。

.


600
002


白兎神社は「道の駅神話の里 白うさぎ」と隣接しています。

.


601
003


石段を上がると右に蒲(がま)が生育されています。

神話「因幡の白うさぎ」の中で、大国主命は、「真水で全身を洗って蒲の穂を敷いた上に寝転べば治る」と治療法を教えました。

その方法で傷が癒えたそうです。

.

602
0242

さらに右手には、言語学者の北里闌(たけし)氏の詠んだ歌碑が奉納されています。

言語学者の北里闌氏(明治3年~昭和35年)は、昭和5年の宮中歌会始の勅題「海辺の巌」に、気多ノ前(けたのさき)の情景を詠んだ和歌を詠進、入賞の栄誉を受けられました。

この歌碑は、それを記念して気多ノ前に建立され、その後昭和61年に現在の白兎神社参道に移設奉納されました。

.

604_2101

左側には砂像展示をしています。

大国主命八上比売そして白うさぎの像です。

神話「因幡の白うさぎ」は、大国主命八上比売白うさぎの導きによって結ばれる、日本で最初のラブストーリーなのです。

.

603
005

102

参道の両脇にある石造灯篭の上ではうさぎの像が皆様をお出迎えしています。

かわいらしいうさぎの姿をお楽しみください。

.
025

二ノ鳥居の左側に手水舎があります。

.

606
009


0091

社殿の前にある周囲100mほどの池です。

神話にある白兎神が、傷口を洗い蒲の花を採って傷につけられ、全治したと伝えられる霊池です。

往古は内海池(内海は白兎の昔の地名でありそこにあった池)の流出口であったので水門と呼んでいました。

内海池が良田と化してから、わずかにこの池だけが残っています。

古代の頃はこの近くまで海が迫っており、河口近くにあった池も現在は常緑樹に覆われ濁りのある小池となりましたが神話を今に伝える池です。

また、この池は雨が降っても降らなくても水位の増減がないとされる為、「不増不減の池」とも呼ばている不思議な池でもあります。

.

607
141222_198720141220_1889


神社は往古兵乱に遭い、祠廟古書など消失し、創建は明らかではありませんが現在の神社は、慶長年間に鹿野城主・亀井武蔵守茲矩公が再興されたものとされています。

.

608
141222_1992
現在の注連縄は、平成26年12月20日に新しくなりました。

飯南町しめ縄クラブ】の皆さんに作製をしていただきました。


609_2
014


白兎神社の本殿は明治29年に建立され、平成24年に改修を終えました。

白兎神を祀っています。

.

610
026

本殿を支える土台(六ヶ所)には、菊の紋章が彫刻(二十八弁)してあります。

近郷の社はもちろん、全国的にも珍しく、神社創設が皇室と何らかの関係があったものと云われています。

.

6110200_2
113_2

白兎神社の狛犬は、向かって右方に獅子(口を開き玉を踏む)、左方に狛犬(口を閉じる)は、拝殿の方向に顔を向け、尾を上向きにし今にも飛びかかりそうな印象もあります。

白兎神を守っているのかもしれません。

.

612_2

114

国指定天然記念物(昭和12年12月8日指定) 

白兎神社の西側に広がる常緑広葉樹は天然記念物に指定されています。

クロキ、タブノキ、シイノキ、ヤブニッケイ、トビラ、モチノキ、カクレミノなどの樹木が自生しています。

.

202
200201

203

204

夕暮れには参道がライトアップされます。

.

613020

社務所(休憩所・授与所)は社殿の左側にあります。

お札、お守りの授与、御祈祷の申し込みを承っています。

※古い御札やお守りは社務所にお納めください。

休憩所スペースにもなっています。

HakutojinjyaA102