古寺を歩く

2016年3月18日 (金)

西新井大師 -東京都足立区-

今日は、東京都足立区に来ています。

160318_2651
訪れたのは、西新井大師(にしあらいだいし)。

160318_2649

160318_2560
天長3年(826年)弘法大師の創建と伝わる、五智山遍照院總持寺と呼ばれる真言宗豊山派のお寺です。

弘法大師(空海)が関東巡錫(じゅんしゃく )の折、この地に立ち寄り悪疫流行になやむ村人たちを救わんと、御自ら十一面観音像とご自身の像をお彫りになり、観音像を本尊にそしてご自身の像を枯れ井戸に安置して二十一日間の護摩祈願をおこなうと、清らかな水が湧き、病はたちどころに平癒したと伝えられます。

160318_2562
大本堂

ご本尊の十一面観音と弘法大師がお祀りされています。

160318_2570
不動堂

160318_2589_2
三匝堂(さんそうどう)

一見、三重塔に見えますが、江戸時代に流行した三匝堂で、俗に栄螺堂(さざえどう)と言われる仏堂の一形式です。(案内版より)

160318_2628

160318_2645
塩地蔵

ここに安置される地蔵菩薩は、江戸時代より特にいぼ取りその他に霊験ありと伝えられお堂内の塩をいただきその功徳あるとき、倍の塩をお返しすることから塩地蔵と申し諸人の信仰盛んなり。(案内版より)

160318_2633

160318_2636_2
水桶を抱えているのは四人の童子たち。

160318_2577

160318_2594
加持水の井戸

西新井の地名の由来となった井戸です。

弘法大師によってもたらされたとされる加持水の井戸が本堂の西側に所在することから西新井の名の由来とされているそうです。

お大師さま(弘法大師)とゆかり深いお寺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

東叡山 寛永寺 -上野-

今日は東京都台東区上野に来ています。

160315_2537
訪れたのは上野恩賜公園。

上野の寛永寺を中心に歩いてみました。

寛永寺は、1625年に慈眼大師天海大僧正によって創建された、天台宗別格大本山の寺院です。

徳川家康、秀忠、家光公の三代にわたる将軍の帰依を受けた天海大僧正は、徳川幕府の安泰と万民の平安を祈願するため、江戸城の鬼門(東北)にあたる上野の台地に寛永寺を建立しました。

山号は東の比叡山という意味で東叡山とされました。

160315_2527
不忍池辯天堂

天海大僧正が琵琶湖竹生島になぞらえて、寛永年間に不忍池に中之島を築き、その地に建立されました。

160315_2441
旧寛永寺五重塔

1631年に初建され、現在の塔は1639に再建されました。(国指定重文)

160315_2439_2
美しい五重塔です。

160315_2471
上野大仏

上野にあった大仏様は関東大震災によりお首が落ち、第二次大戦時には軍の供出令(により胴体を徴用されて、お顔のみが残されたそうです。

160315_2466
大仏様のお顔がお祀りされています。

関東大震災、第二次世界大戦も知らない世代ですが、このように後世に残していただいていますと、今の世の中大切にしなければと思うばかりです。

160315_2473_4
清水観音堂

京都東山の清水寺を模した舞台造りのお堂で、寛永八年(1631)天海大僧正により建立されたと云われます。

160315_2487
開山堂

東叡山(寛永寺)の開山である慈眼大師天海大僧正をお祀りしているお堂です。

240315_2489
そして寛永寺根本中堂です。

160315_2496
旧本堂(根本中堂)は、現在の東京国立博物館前の噴水池あたりにあったそうですが、慶応4年彰義隊の兵火で焼失されたとあります。

160315_2511
そのため、明治9年から12年にかけて、埼玉県川越市の喜多院の本地堂が移築され寛永寺の本堂となったそうです。(案内板より)

160315_2501
寛永寺の根本中堂は、上野公園から少し離れていることもあり、訪れる方も少なく、ひっそりとし、当時を思い偲ばせるような雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

柴又帝釈天 -題経寺-

東京都は葛飾区柴又です。

150307_4061
京成金町線「柴又駅」

150307_4064
柴又駅の正面には「寅さんの像」があります。

150307_1000879
柴又帝釈天へ続く参道

150307_0882

150307_4057
参道の両脇には、草だんごにせんべい、川魚料理、漬物、佃煮、くず餅、飴などたくさんのお店が並んでとても賑やかです。

150307_4055
柴又帝釈天の二天門が見えます。

150307_4042
映画「男はつらいよ」の舞台となった柴又帝釈天は、「経栄山 題経寺」という日蓮宗のお寺です。

正面の建物は帝釈堂。

150307_4018
境内の案内版

150307_4029

150307_4031

150307_4021
「御神水」 帝釈天で産湯を使ったという寅さん。

150307_4002
本堂(正面)と釈迦堂(右)

150307_4051
大鐘楼

150307_4024
寅さんの映画ではおなじみです。

150307_4038
寅さんおみくじ

150307_4036
七福神おみくじ(獅子舞が動いていました)

映画「男はつらいよ」の舞台となった柴又帝釈天。地域の人々に愛され、多くの観光客が訪れています。

ここを訪れると、どこかなつかしい気持ちになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

京都 西本願寺・東本願寺

京都で浄土真宗の本山である「西本願寺」、「東本願寺」を訪れてみました。

【東本願寺】

浄土真宗 真宗大谷派の本山で正式には「真宗本廟」と呼ばれます。
150217_3650

150217_3643
東本願寺 阿弥陀堂門

150217_3649
阿弥陀堂(左)と御影堂門(右奥)は修復工事中です。

150217_3677
東本願寺 御影堂(ごえいどう)

真宗門徒の根本道場で、宗祖 親鸞聖人の御真影(ごしんねい)を安置していることから御影堂と呼ばれます。

150217_3681
明治28年に落成した御影堂は、南北76m、東西58m、高さ38mの規模をもつ世界最大の木造建築物です。

150217_3664
御影堂を支える大きな丸柱は90本もあるということです。

150217_3689
現在、修復工事中の阿弥陀堂と御影堂門。

.

【西本願寺】

浄土真宗 本願寺派の本山で、正式名称は「龍谷山 本願寺」よ呼ばれます。

150217_3699
西本願寺 阿弥陀堂門

150217_3705

150217_3707
西本願寺 阿弥陀堂(本堂)

1760年再建、1985年修復。

150217_3712
西本願寺 阿弥陀堂(本堂)

東西42m、南北45m、高さは25mあり、中央に阿弥陀如来像の木造、両脇にインド・中国・日本の七高僧の内、龍樹菩薩、天親菩薩、雲鸞大師、道綽禅師、善導大師、源信僧都の六師を、両余間に法然聖人と聖徳太子の影像が安置されています。

150217_3725_2
西本願寺 阿弥陀堂(本堂)

150217_3778
西本願寺 御影堂(ごえいどう)

1636年再建、2009年大修復。東西48m、南北62m、高さ29m。

150217_3775
西本願寺 御影堂

中央に親鸞聖人の木像、両脇に本願寺歴代宗主の影像が安置されています。

150217_3752
西本願寺 御影堂

重要な法要・行事はこの御影堂で行われているそうです。

150217_3753
御影堂と阿弥陀堂を結ぶ廊下。

150217_3715
西本願寺 御影堂(左)と阿弥陀堂(右)

150217_3790
西本願寺 御影堂の前にある天水受を支える天の邪鬼。

150217_3789150217_3793
可愛らしい「天の邪鬼」は、御影堂が再建された1636年から天水受を支え続けているそうです。

150217_3794
西本願寺 唐門

南側にある唐門は、入母屋造り風の正面に大唐破風を配した黒漆塗に彩色彫刻を施した豪華な四脚門です。(国宝)

150217_3804
西本願寺 御影堂(左)、阿弥陀堂(右)

華やかなイメージがある京都ですが、西本願寺、東本願寺ともに落ち着いた雰囲気の中でお参りさせていただき、すがすがしい気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

京都 東寺

今日は京都に来ています。

150216_3448
京都を代表するお寺のひとつ。東寺です。

150216_3449
真言宗 総本山 教王護国寺です。

150216_3527
東寺といえば、五重塔です。

150216_3519_2
五重塔は、826年の弘法大師の創建着手にはじまり、落雷などによる焼失を4回かさね、現在の塔は、1644年に徳川家光の寄進により竣工されました。

150216_3498
五重塔の高さは55m。日本古塔の中では最も高い塔です。

150216_3506
ボランティアガイドさんの説明にありましたが、東寺五重塔は地震で倒壊した記録がないそうです。

五重塔内部の撮影はできませんが、各層ごとに柔軟構造になっていて、今で言う「耐震構造」になっているそうです。

150216_3462
こちらは金堂です。

1486年に焼失し、現在の金堂は、豊臣秀頼が発願し、片桐且元を奉行として再興させたもので1603年に竣工しました。

150216_3505
金堂内部の撮影もできませんが、内部には薬師如来坐像、日光菩薩、月光菩薩が安置されています。

150216_3509
こちらは講堂です。

825年に弘法大師によって着工され、835年に完成。

その後、台風や地震で大破し、修理を重ね、現在の講堂は1492年に再興された建物です。

150216_3479_2
講堂の内部も撮影はできませんが、帝釈天や梵天、不動明王、大日如来など国宝、重文の仏像が安置されています。

150216_3484
こちらは食堂(じきどう)です。

食堂とは生活の中に修行を見いだすところで、現在の建物は昭和5年から3年間の工事を経て完成したそうです。

150216_3488
東寺の不二桜。

桜の咲く頃に再び訪れてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

興福寺と東大寺

今日は、奈良市に来ています。

市内中心部の興福寺と東大寺を歩いてみます。

150121_2869
興福寺。(法相宗の大本山)

藤原鎌足そして、子の不比等ゆかりの寺院で、御本尊は釈迦如来。

150121_2911
東金堂と五重塔。

150121_2909
興福寺 五重塔(国宝)は1426年頃の再建で高さ50.1m。

150121_2916
興福寺 東金堂(国宝)は1415年再建。

726年に聖武天皇が伯母の元正天皇の病気平癒を祈願し建てられたと云われます。

150121_2871
興福寺 南円堂(重要文化財)は813年に、藤原冬嗣が父内麻呂の冥福を願って建てた八角円堂と云われます。

150121_2887
西国三十三所観音霊場の第九番札所でもあります。

150121_2891
興福寺 三重塔(国宝)は1180年に被災し、まもなく再建されました。

興福寺の建物では控えめな存在にも感じますが、美しい三重塔でした。

150121_2898
興福寺 北円堂(国宝)は1210年頃の再建です。

150121_2926
東大寺に向かって参道を歩いています。

東大寺は華厳宗の大本山。御本尊は廬舎那仏。

150121_2930
前方に見える東大寺の南大門。

150121_2931
南大門(国宝)は鎌倉時代の1199年に再建されたものです。

100101
門内には金剛力士像(国宝)、左に阿形(あぎょう)、右に吽形(うんぎょう)が安置されています。

150121_2941
正面に大仏殿が見えてきました。

150121_2944
大仏殿の手前にある中門(重要文化財)です。

150121_2947
大仏殿(国宝)です。

150121_2992
創建は天平時代の758年で、南都焼討(1181年)や戦国時代の戦(1567年)により焼失されその都度再建されています。

150121_2954
現在の大仏殿は江戸時代の1691年に再建されたものです。

150121_2985
御本尊の廬舎那仏像(るしゃなぶつぞう)。有名な奈良の大仏です。(国宝)

150121_2958

150121_2965
海外からの旅行者が多く、皆さん真剣に見てました。

150121_2972

150121_3018
法華堂(三月堂)

東大寺最古の建築物で、天平時代(733年)の創建。(国宝)

150121_3022
華厳の根本道場として尊ばれてきて、旧暦三月に法華会が行われたことから、法華堂又は三月堂と呼ばれています。

150121_3029
二月堂(国宝)

150121_3026
旧暦の二月に「お水取り」の行事が行われることから二月堂と呼ばれます。

150121_3036
三昧堂(四月堂)/(重要文化財)

旧暦四月に法華三昧会が営まれていたので、一般に四月堂と呼ばれます。

150121_2925
この日は、興福寺、東大寺周辺を歩きました。

海外からの旅行者、ほんと多くて、皆さん楽しそうに観光してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

法起寺と法輪寺の三重塔

今日は奈良県を移動中です。

6602
斑鳩の法起寺です。

6536
法起寺は、法隆寺と同じ聖徳宗の寺院です。(拝観料:大人300円)

6554
法起寺の周辺を歩きます。

周辺のコスモスは満開になる10月頃が見ごろです。

6560
高さ24mの三重塔は706年頃の建立と云われる、現存する最古の三重塔(国宝)です。

のどかな周囲の田園風景は心も落ち着きます。

6587
ハギの花が咲き、秋の訪れを感じます。

6599
法起寺三重塔の相輪。

6531

6596
柿も実りはじめていました。

そして法起寺から約600m離れた法輪寺へ。

6458
法輪寺も法隆寺と同じく聖徳宗の寺院です。(拝観料:大人500円)

法輪寺は斑鳩の北方に位置し、土地の名によって三井寺とも呼ばれています。

聖徳太子が飛鳥より三つの井戸をこの地へお移しになったところからおこったと伝えています。

法輪寺の創建は飛鳥時代にさかのぼり、聖徳太子の御子、山背大兄王(やましろのおおえのおう)が太子の病気癒を願ってその子由義王ともに建立されたと伝えられます。(拝観案内より)

6469
法輪寺の講堂。講堂内には寺宝の仏像などが安置され拝観することができます。

6468
法輪寺の金堂。

6462
国宝であった三重塔は1944年に落雷により焼失し、1975年に再建されたものです。


6519
高さ25m(その内、相輪部が8m)です。

6512
法輪寺三重塔の相輪。
6625

6482

6506
奈良の斑鳩といえば法隆寺が有名ですが、周辺の法起寺、法輪寺も聖徳太子ゆかりの飛鳥時代の面影を残す寺院でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

瑠璃光寺 五重塔(山口市)

平成26年2月21日 

山口市を訪れ、五重塔で有名な「瑠璃光寺」に参ってきました。

01_2

02_2
五重塔がある香山公園では、梅の花が咲き始めていました。

03_2

04_2

05_2
香山公園にある大内弘世公の像。

現在の山口市が西の京と称される町づくりに取り組まれた大内氏中興の祖です。

07_2
こちらが、曹洞宗の瑠璃光寺です。

06_2
山号は保寧山。御本尊は薬師如来です。

082

81
正面が御本堂です。

09_2
五重塔は室町時代(1442年頃)の建立で 、国宝に指定されています。

とても美しい五重塔です。

111
五重塔の高さは31.2mで、屋根は檜皮葺となっています。

「西の京」と云われるだけあり、優雅な雰囲気を漂わせていました。

四季を通じて訪れてみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)