関西の「史跡・街並み」

2016年2月15日 (月)

三光神社 -真田幸村ゆかりの地-

大阪市の三光神社(さんこうじんじゃ)に来ています。

160215_1054
三光神社は、玉造の南の小高い丘陵(旧姫山)に鎮座し、御祭神は、天照大神、月読尊、素戔嗚尊の三貴神をお祀りされています。

160315_1057
北参道の大鳥居です。

160215_1060_3
手前の「国家安泰平和祈願」と刻まれた石は、「片柱の鳥居」と云われ、第二次世界大戦の戦火を被り片柱のみ残った戦前の鳥居です。

160215_1064
鳥居の柱が折れてしまうことを実感すると、戦火の厳しさが改めて伝わってきます。

160215_1006
東側の参道です。

160215_1019
社殿前の鳥居です。

160215_1039
よく見ると、鳥居の柱が二つあります。

160215_1036
横側から見るとこのような感じです。

160215_1037
社務所でお話を聞くと、こちらも第二次世界大戦の戦火を被り、残った戦前の鳥居と云うことです。

160215_1034
社殿前の手水舎。

160215_1026
三光神社の社殿です。

こちらの神社は、真田信繁(幸村)とも関係があるそうです。

鎮座地の丘は真田山とも呼ばれ、かつては大阪城の出城「真田丸」が置かれていたそうです。

160215_1012
東側にある真田信繁公像(幸村)

160215_1079
幸村公像は昭和62年に建立され、台座は信州上田、真田家の菩提寺「長谷寺」より取り出した石(真田石)を使用されています(三光神社由緒より)

160215_1013
幸村公像の隣には、大阪城から真田丸まで通じる「抜け穴」跡が残されていました。

160215_1082
真田家家紋「六文銭」が見えます。

160215_1096
社務所から頂いた由緒にある「大阪冬の陣」の陣布陣図です。

三光神社の付近が真田丸の一部であるとされます。

160215_1085
お守りも真田幸村にちなんだものです。

160215_1093
絵馬も祈願奉納するものとは別に参拝記念の絵馬もありました。

160215_2022
境内できれいな鳥を見つけました。

スズメよりも小さな鳥です。

160215_2018
メジロでしょうか(目の周りが白いです)

(初めて見ました)人馴れしているのか、近づいても逃げませんでした。

160215_1099
こちらは、三光神社の隣にある墓地です。

社務所でお聞きしたら、陸軍墓地ということでした。

160215_1111_3
墓地内を歩くと案内板がありました。

「真田山陸軍墓地」日本で最初に設置された陸軍墓地で明治から西南戦争、日露戦争、第一次世界大対戦、第二次世界大戦における戦没者の慰霊がお祀りされています。

160215_1105_2
都会の中に整然と並ぶ墓石を目にして、今の平和な日本に改めて感謝し、戦争のない平和な世の中を願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)