山陰の「史跡・街並み・観光地」

2015年5月18日 (月)

祝 松江城国宝へ

松江市に来ています。

150518_0171
目の前は宍道湖です。空には雲が広がり、雨が降りそうな気配。

150518_0068
このたび、天守が国宝に指定されることになった松江城です。

(おめでとうございます)

150518_0073
ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木です。

150518_0074

150518_0165

150518_0091

150518_0093
松江城天守閣。


150518_0099
国宝に指定されることになった松江城天守は、1611年(慶長16年)に築城されました。


150518_0103
天守は四重五階天守、地下一階付で高さは約30mあります。

150518_0107
天守内部の様子です。

150518_0109

150518_0115

150518_0110
石落とし。石垣に近づく敵に石を落とすようになっているそうです。

150518_0117

150518_0129

150518_0125
天守の最上階。

150518_0127
天守最上階から見る景色です。宍道湖が見えます。

150518_0128

150518_0141
最上階からの景色も素晴らしいですが、現存の天守は見ごたえがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月31日 (金)

紅葉まえの池田家墓所

今日は鳥取市にある鳥取藩主の池田家墓所に来ています。

9369

紅葉にはまだ早いですが、墓所内を歩いてみます。

9383

9627

9629

9632

9664
初代藩主の池田光仲から11代藩主池田慶栄までの墓が並んでいます。

9636

9637
史跡の保存修理工事が行われています。

9638

9640

9641

9644

9646

9647

9648
初代藩主光仲の父、忠雄は徳川家康の外孫にあたり、忠雄が岡山藩主の時に起こった事件が、荒木又右衛門で有名な「鍵屋の辻の決闘」です。

9649
忠雄の死後、幼少の光仲は鳥取藩に移ることとなり、初代鳥取藩の藩主となられました。

9651

9657

9658

5303

5300
苔の上にはたくさんのドングリが落ちていました。

9674
例年、紅葉の見ごろは11月下旬頃です。

池田家墓所については鳥取県文化財課のHPを参考ください。


史跡・鳥取藩主池田家墓所 鳥取県HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

鳥取城跡 石垣の除草作業

今日の白兎海岸です。

3281
天気はくもり。最高気温は、32.3℃となりました。

3168
平日ではありますが、夏休み中ということもあり、白兎海水浴場も賑わいをみせています。

3154
こちらは、通りかかった鳥取城跡です。少し歩いてみることに。

3129
汗をかきながら歩いています。

3130
石垣に人が・・・ 忍者?

3133
暑い日差しの中、専門の業者の方が、命綱をつけて石垣の除草作業をされていました。

3134
石垣に広がった草を、人の手によって丁寧に除草されています。

3141
普段何気なく訪れている鳥取城跡ですが、多くの方の力によって守られているんだと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

樗谿公園 しだれ梅咲きはじめる

こんにちは。

今日の樗谿公園(梅鯉庵)の梅林の様子です。

100
白梅、紅梅ありますが、白梅から徐々に開花をしています。

101
全体的には、梅の花は咲きはじめたばかりです。

032
それでも一輪一輪、しっかりと咲いています。

05_3
こちらは、しだれ梅の木。

04
一輪だけ咲いていました。

06
まもなく開花しそうな、ピンク色のつぼみをたくさんつけていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

樗谿公園 梅の花咲きはじめる

こんにちは。

今日は、鳥取市上町にある樗谿公園(梅鯉庵)に来ています。

01
梅鯉庵は梅林公園として名所にもなっています。

02_2
梅の花が咲いていないかと歩いてみました。

03
こちらは生物季節観測用標本のウメの木です。

04
よく見ると、梅の花が咲いていました。

05
開花しているのは、まだ全体のごく一部です。

06
これから次々に梅の花が開花していきます。

↓下の写真は昨年の梅鯉庵の様子です。

08

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

冬の鹿野城跡公園

今日の鹿野城跡公園です。

01

02

03

04
所々に雪が残っています。

05
お堀には、

09
マガモや、

06
コブハクチョウ、

07
キンクロハジロがいます。

10
潜水の得意なキンクロハジロ。

08
水中に潜っては、楽しみながらエサを探しているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

樗谿公園 「梅鯉庵」の小さなつぼみ

鳥取市上町にある樗谿公園です。

01
「梅鯉庵」庭園は梅の名所としても知られています。

02
よーく見てみると、小さなつぼみが付いていました。

03

04

06

05
しばらくすれば、一面が梅の花でいっぱいになります。

07
↑上の写真は昨年の「梅鯉庵」庭園の様子です。

今は小さなつぼみ。これからの成長が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

鳥取城跡 天球丸跡へ

今日は鳥取城跡を歩きます。

101
鳥取市のシンボル久松山と鳥取城跡。

1002
北側の宝珠橋から城門を通り、二ノ丸跡、天球丸跡へと歩いていきます。

102

103
宝珠橋から、北の御門跡を通ります。

104
宝珠橋から大手橋の方向を望みます。

105
目の前には中仕切門。

106
ここから二ノ丸跡へと向かいます。

107

108

1091
二ノ丸跡へ石垣が続きます。

110

111
さらに石段をあがります。

112

113

116
二ノ丸跡の案内板です。

143

144
1141
御三階櫓跡に向かいます。

1151

1171
御三階櫓跡です。

118
案内板があります。

1191

1192


120

1211
三階櫓跡から望む二ノ丸跡です。

122
鳥取市内を望みます。

1231
ここから鳥取市内が一望できます。

1241

125
これから、前方に大きな松が見える「天球丸跡」へ向かいます。

126
ここが久松山の山頂への入口となります。

127_2

1281

1291
二ノ丸跡から天球丸跡へ至る石垣は修理工事中で、400年前の石垣が見つかったそうです。

130
前方の石垣が天球丸跡です。

131

1323
復元された「巻石垣」と呼ばれる球面の石垣です。

1331

1421

1341
全国唯一の「巻石垣」で、石垣崩落を防止する目的で江戸時代終わり頃に築き足されたとあります。

1351
下に降りて「巻石垣」を見てみたいと思います。

1361
三階櫓跡を降りたところにある「お左近」の手水鉢。(赤丸のところ)

137
「お左近」の手水鉢が石垣の高い所に築きこんであります。

1381
天球丸跡へ向かいます。

139
下から見上げる天球丸跡。

1401
天球丸は、1600年の関ヶ原合戦後に鳥取城の城主となった池田長吉の姉・天球院の居所があったという伝承にちなむそうです。

天球丸「巻石垣」修復のお知らせ 鳥取市HPです

天球丸についての説明 鳥取市HP PDFファイル

天球丸「巻石垣」修復について 鳥取市HP PDFファイル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

鹿野城跡公園の紅葉

今日は鳥取市の鹿野城跡公園に来ています。

01

02

03

04
城山神社の参道入り口です。

16

05

06

07

08
紅葉の落ち葉でいっぱいの遊歩道。

09

10

11

12

13

14

15

今日は天候にも恵まれ、綺麗な紅葉を見ることができました。

落ち葉にあふれた参道をゆっくりと歩くのもいいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

鳥取藩主池田家墓所の紅葉

今日は鳥取市国府町にある鳥取藩主池田家墓所に来ています。

01

02
紅葉が見ごろと聞いて訪れてみました。

09

10

03

04
小雨が降る天候でしたが、紅葉は綺麗です。

05

06

07

08

11
もうしばらく紅葉が見れそうです。


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)