« 白兎海岸の夕日・・5月27日・・ | トップページ | 梅雨入り 白兎海岸 »

2015年5月28日 (木)

砂の美術館-ドイツ編-

今日は鳥取砂丘に来ています。

150528_1247
今日は空が霞み雲の広がる一日でした。

150528_1248
ハマヒルガオの群落が広がっています。

こちらは、「砂の美術館」です。

150528_1067

150528_1072
砂で世界旅行・ドイツ編

150528_1078
これから砂像でドイツ旅行を楽しみたいと思います。

150528_1081
「ヘンゼルとグレーテル」~グリム童話より~

兄妹のヘンゼルとグレーテルがお菓子の家を見つけました。

150528_1086
森の奥にすむ魔女の姿があります。

150528_1090
「赤ずきん」~グリム童話より~

お使いでおばあさんの家へ向かう赤ずきんちゃんを待っていたのは狼。

150528_1095
「ハーメルンの笛吹」~グリム童話より~

笛の音でねずみを退治した男は、約束の報酬がもらえなかったので、笛を吹いて歩くと、町中の子供達が笛の音に誘われて・・・

150528_1102
「ベルリンの壁建設」

1961年に西ベルリンを東ベルリン及び周辺の東ドイツ地域と分離するためにつくられたベルリンの壁。

150528_1107
「ブレーメンの音楽隊」~グリム童話より~

ブレーメンに行って音楽隊に入ろうと考える動物たち(ロバ、イヌ、ネコ、ニワトリ)。

泥棒たちを追い出している光景です。

150528_1112
「カール大帝の戴冠式(たいかんしき)」

フランク王国第2代国王のカール大帝。800年にローマのサンピエトロ大聖堂で、教皇によりローマ帝国皇帝の帝冠与えられました。

150528_1116
カール大帝は、西ヨーロッパ全域を統一し、教育・文化・社会規律などを整備し、広域的な政治安定をもたらしました。

150528_1118
「ドイツのお城(奥上)

ノイシュヴァンシュタイン城(奥中央)、ホーエンツォレルン城(奥右)

150528_1122
「グーテンベルクと印刷機」

15世紀にドイツ金細工師ヨハネス・グーテンベルクによって発明されたといわれる活版印刷技術。

火薬や羅針盤と合わせてルネサンス三大発明の一つといわれます。

150528_1128
「ルターと宗教改革」

16世紀、キリスト教世界における議会体制の革新をしたマルティン・ルター。

150528_1139
「宮廷の風景」

舞台は19世紀のバイエルン王国。

150528_1142
「灰かぶり姫」~グリム童話より~

辛い日々を送っていた心美しい姫が王子様と結ばれる「シンデレラ」の物語です。

150528_1145
「ドイツの音楽」~バッハとバロック音楽~

18世紀に活躍した作曲家ヨハン・セバスティアン・バッハ。

150528_1148
「ドイツの文学」~ゲーテとファウスト~

18世紀後半から19世紀初頭にかけて発表した数々の名著で知られるゲーテ。

代表作といえる「ファウスト」は、ゲーテの生涯をかけた大作でもあります。

150528_1137
「ジグマリンゲン城と中世の城壁」

周囲に水をはり、ドナウ側河畔から眺める優美な姿が表現されています。

150528_1153
「ドイツ統一」~ビスマルクとヴィルヘルム1世~

プロイセン王国の首相ビスマルクはプロイセン中心のドイツ統一を目指し、武力によってそれを実現しようとしました。

150528_1162
「ベルリンの壁 崩壊」

1989年に28年間存在し続けた巨大な壁はついに崩壊し、東西ドイツの再統一を果たしました。

150528_1167
「ドイツの科学」

ルドルフ・ディーゼルが開発したディーゼルエンジン(手前右)。オットー・リリエンタールが成功させたグライダーを使った初の有人飛行(奥右)。ツェッペリン伯爵の硬式飛行船(奥左)。コレラなど近代細菌学の開祖であるロベルト・コッホ(手前左)。

150528_1169
白雪姫」~グリム童話より~

‘鏡よ鏡、鏡さん、世界で一番美しいのはだれですか’

150528_1173
「現代のドイツ」

EU中央銀行とマーク。世界遺産のケルン大聖堂。高速鉄道ICE。世界屈指のサッカー大国。

150528_1177
「母の肖像」

ドイツルネサンス期に活躍したドイツ美術史上最大の画家アルブレヒト・デューラーが自身の母を描いた作品を通してドイツの美術を表現しています。

150528_1180
「青い馬の塔」~ドイツの美術~

ドイツ表現主義の集団‘青騎士’を組織したことで広く知られている画家フランツ・マルクの作品を通してドイツの美術を表現しています。

150528_1187
「グリム兄弟の銅像」

ドイツ中心の街ハーナウに生まれ、19世紀に活躍したグリム兄弟。兄ヤーコブ・グリム、弟ヴィルヘルム・グリムの2人が編集したグリム童話は世界中で多くの人に親しまれています。

150528_1191
3階回廊からの景色です。

150528_1197
展示砂像の全体を見ることができます。

150528_1208
こちらは屋外展の砂像です。

150528_1212
「アンネの日記」

未来に希望を持ち続け、平和を希求するアンネ・フランクの生き方が文面に表れています。隠れ家での生活は2年間に及びアンネは日記に書き続けました。

150528_1216

150528_1226
ドイツ再統一の象徴、ブランデンブルク門 - 25周年モニュメント -

こちらは昨日完成したばかりの茶圓勝彦氏の作品です。

150528_1233
こちらの作品は・・・

150528_1234
具志堅用高さんが来館された際に紹介された砂像のようです。

150528_1240

150528_1242
テレビで見る具志堅さん、似てますね。

150528_1218
受付でいただいたパンフレットを見ながら、砂像を見て回ると、ドイツを旅したようなそんな感じにもなりました。

|

« 白兎海岸の夕日・・5月27日・・ | トップページ | 梅雨入り 白兎海岸 »

鳥取砂丘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591403/61657928

この記事へのトラックバック一覧です: 砂の美術館-ドイツ編-:

« 白兎海岸の夕日・・5月27日・・ | トップページ | 梅雨入り 白兎海岸 »