« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

「白兎あすなろ」納涼祭

今日の白兎海岸です。

300

301
今日の鳥取市は、最高気温が37.8℃。今年の最高気温を更新しました。

302
毎日のように見ている「白兎海岸」ですが、とてもきれいです。

303
今日は波も穏やかです。

304_2
今日は、近くの社会福祉法人「白兎あすなろ」の納涼祭が行われました。

305
この日は、入所者の皆さん、職員の皆さん、近隣地区住民の皆さんが一同に集まって親睦を図りました。

306
職員皆さんによる「フォーチュン・クッキー」

307
地元地区の婦人部団体による踊り。

308
会場は大いに盛り上がっていました。

309
18:30に始まった納涼祭は20:00に終了しました。

310
生ビールにおでん、ヤキソバに・・・白兎あすなろ職員の皆様が準備され、大変お疲れ様でした。

今日は最高に暑い一日でしたが、暑さをふっとばすくらいの、楽しくて心温まる「白兎あすなろ」の納涼祭でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

白兎神社の「蒲の穂」

今日の白兎海岸です。

700

701
今日の鳥取市は暑い暑い一日でした! 

最高気温は、37.5℃となる今年最高の猛暑日となりました。

702
そんな猛暑の中ですが、白兎神社の「蒲の穂」展示池では、きれいな形の「ガマの穂」が出来ています。

703

704

706
大きなソーセージのような形をしているのは雌花穂です。

705
雌花穂の上にあった雄花穂は散ってなくなっています。

707
古事記の中で、白兎神が河口の淡水で身を洗ったと云われる「御身洗池」

708
「不増不減の池」とも呼ばれ、連日の暑さでも池の水位は大きく減ることはありません。

709
傷ついた「白うさぎ」は、大国主命の教えで「御身洗池」で身を洗い、「蒲の穂」の花粉にくるまり、傷ついた身体を癒しました。

その「白うさぎ」=「白兎神」をお祀りしているのが白兎神社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

白兎海岸に咲くユリたち

今日の白兎海岸です。

300
今日の鳥取市、最高気温は34.4度となり暑い一日でした。

301
白兎海水浴場は、波が高いため遊泳禁止となりました。

白兎海岸の周辺を歩くと、ユリの仲間が見られます。
302
オニユリ(鬼百合)

303
国道9号線沿いの海岸法面にオニユリの群落がありました。

304
オニユリは葉の付け根にムカゴ(球根になるもの)が付きます。

305
オニユリはムカゴが地面に落ちて繁殖します。

312
オニユリの近くではヤブカンゾウ(藪萱草)が咲いています。

306
気多ノ前の岩場ではコオニユリ(小鬼百合)が咲いています。

307
コオニユリは、オニユリよりも小さく、ムカゴが付きません。

308
オニユリと似てますが、よく見ると小さいので違いがわかります。

309
コオニユリの近くではユウスゲ(夕菅)が咲いています。

310
花が少しだけ咲いているのがありました。

311
今夜、開花しそうなユウスゲです。

白兎海岸の周辺では、自生するユリの仲間が花を咲かせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

白兎海岸清掃 2014.7.28

今日は、早朝5:00から白兎海岸の清掃活動が行われました。

700
海が大荒れのため、砂浜に打ち上げられた漂着物の回収をしています。

701
突然の清掃作業ということで、本日は白兎観光協会のメンバーが集まりました。

705
今日の海は大荒れです。

703

704
回収した漂着物は運搬機で運び集めます。

706

707
清掃作業は約1時間かけて終了しました。

708
綺麗になった午後の白兎海岸です。

709
今日の白兎海水浴場は海が荒れており遊泳禁止となりました。

海水浴シーズン中は、出来る限りの漂着物回収作業を行い、美しい白兎海岸を守っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

神燈流しの準備作業

今日は、白兎海岸に鎮座する「川下神社」の例大祭で行われる「神燈流し」の準備作業が行われました。

600
気多ノ前から望む白兎海岸です。(時刻は5:25です)

作業するのは白兎獅子舞保存会(氏子青年部)の皆さんです。

601
気多ノ前から淤岐ノ島までの間に、電球(神燈流しの灯り)をつなげる作業を行います。

608
対岸の淤岐ノ島でも作業が行われています。

602
鉄線をつなげ、

604
電球を通していきます。

605
606

610
こうして気多ノ前と淤岐ノ島の間に、「海の参道」となる灯りの設置が完了しました。

609
上の写真は、昨年8月1日の川下神社例大祭のものです。

この日は、淤岐ノ島から気多ノ前の間に「海の参道」が現れ、川下神社の祭神・豊玉姫をお祀りする「神燈流し」が行われます。

今年も8月1日に「神燈流し」が行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

橿原神宮 (奈良県橿原市)

奈良県 橿原市の橿原神宮に来ています。

1000

1015
御祭神は、第一代の神武天皇と皇后の媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ)をお祀りしています。

皇后は古事記では比売多多良伊須気余理比売(ひめたたらいすけよりひめ)と呼ばれています。

1001
表参道の一の鳥居です。

1002
大きな木の鳥居です。

1003
広い表参道を歩きます。

1004
神橋を渡ります。

1005
正面に二の鳥居が見えます。

1006
二の鳥居も木製の大きな鳥居です。

1007
南神門です。

1008
南神門の前にある手水舎です。

1009

1010
外拝殿です。昭和14年に完成した建物です。

1011
大きな絵馬です。

1012
外拝殿から正面に見えるは内拝殿です。ここからは見えませんが、さらに奥に幣殿、御本殿があります。

1013
外拝殿と後ろの山は、畝傍山(うねびやま)です。

1014
絵馬掛けです。

1016
広大な境内です。

1021
参拝者休憩所。

1022
参拝者休憩所の中です。

Kui
簡単な系図です。

神武天皇の皇后の父神は大物主神です。

古事記では、大国主命と共に国作りをしていた少名毘古那神(すくなびこなのかみ)が常世へ去ったあと、今後の国作りを悩んでいた大国主命に、「大和国の三輪山に自分を祀るよう」希望されます。

今後の国作りに悩んでいた大国主命が大物主神を三輪山に祀ると、日本の国土は栄えていき、大国主命の国作りは完成されました。

1018

1020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

白兎の花壇「ベゴニア」

今日は、「白兎の花壇」にベゴニアを植える作業がありました。

500
花植えの作業をしているのは「松の聖母学園」の生徒のみなさんです。

この「白兎の花壇」は、「白兎地区住民」と近くの「松の聖母学園」の生徒のみなさんで管理をしています。

501
この「ベゴニア」も生徒の皆さんがここまで大きく育てあげました。

502_2
白とピンクの「ベゴニア」の花苗を植えていきます。

503

504

507
こんな感じに出来上がりました。

506

508

509
「松の聖母学園」の生徒の皆さんには、白兎地区運動広場の除草作業もしていただきました。 

今日の鳥取市は最高気温が33.1℃まであがり、猛暑の中の作業大変ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

「海の日」の白兎海水浴場

今日の白兎海岸です。

600
連休最後の「海の日」の白兎海水浴場です。

604

601
今日の鳥取市、最高気温は32.9℃となりました。

603
気多ノ前から望む白兎海岸です。

602
白兎海水浴場は、8月17日(日)まで、海水浴場の監視、海の家の営業を行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

白兎神社清掃

今日の白兎海岸です。

1600
今日、7月20日に四国、中国地方の梅雨明けが発表されました。

1601

1602
白兎海水浴場も賑わいをみせています。

1605
今日は、早朝6:00より白兎神社獅子舞保存会(氏子青年部)の会員により白兎神社の清掃活動が行われました。

1606
神社参道の草刈作業をしています。

1607
こちらは、「ガマの穂」展示池の除草作業をしています。

1609
こちらでは、「不増不減の池」周辺の除草作業をしています。

1616

1617

1608

1610
清掃作業は、約2時間で終了しました。

1611
「ガマの穂」展示池です。

1614
「不増不減の池」です。伸びていた草が無くなりすっきりしました。

1612
白兎神社参道の「ガマの穂」展示池では、雄花が散って雌花が茶色の穂をつけています。

1615

1613
白兎神社にお越しの際は、是非「ガマの穂」展示池もご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

ハマナス自生南限地・・7月18日・・

今日の白兎海岸です。

9030

9039
7月10日に「海開き」した、梅雨明けが待ち遠しい白兎海水浴場です。

こちらは「ハマナス南限地帯」の様子です。

9015


9016


9019


9021
ごく一部ですが、遅咲きのハマナスが咲いています。

2727

2740

2725

2752
朱色に、真っ赤に、熟したハマナスの果実がたくさん見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

気多ノ前から見る漁火

8994
気多ノ前から見る日本海と漁火です。

8999
日本海にはたくさんの漁火が見えました。

9006
気多ノ前から白兎海岸に降りてきました。

9007

9009
淤岐ノ島には先日奉納した鳥居が建っています。

9008
明日は・・・雨が降るようです。梅雨明けは、もうしばらくかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

白兎海水浴場 今日は遊泳禁止です

今日の白兎海岸です。

1200
白兎海岸では昨日、白兎海水浴場の「海開き」が行われました。

1201
「海開き」の翌日・・・今日は海が荒れており、「遊泳禁止」となっております。

1202
白兎海水浴場は、3軒の「海の家」が出来ています。

1203
東側にある「白兎休憩所」

1204
3軒の真ん中にある「かわらねや」

1205
地下道を下りた所にある「しろうさぎ休憩所」

1206
白兎海水浴場は、8月のお盆ごろまで多くの海水浴客の皆様にお越しいただいています。

1207
この画像は、昨年夏のものです。

あとは梅雨明けを待つだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

夕暮れの白兎海岸 川下神社と淤岐ノ島

今日の夕暮れの白兎海岸です。

2100

2101
川下神社と淤岐ノ島です。

川下神社は、豊玉姫を祀っています。

(豊玉姫の系図をつくってみました)

Keizu1_2

毎年、8月1日には、川下神社のお祀りが行われ、淤岐ノ島に建つ鳥居から気多ノ前まで、海上に灯りが灯されます。

2102
この画像は、昨年のものです。海上に現れる「海の参道」は、神燈流しと呼ばれ、この日のみ見られる光景です。

2103
夕日が沈み、日本海には漁火が見えます。

2104

2105
昨年10月に台風で倒れた淤岐ノ島の鳥居も、先日、新しい鳥居を奉納しました。

今年も8月1日は、「海の参道」 神燈流しが行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

淤岐ノ島の鳥居奉納

今日は午後から、白兎海岸の淤岐ノ島に鳥居を奉納取付けする作業を行いました。

2000

2001
鳥居を淤岐ノ島まで運んでいきます。(白兎観光協会の理事で作業しています)

2002

2003
淤岐ノ島に到着後、鳥居の柱を1本1本あげていきます。

2004
淤岐ノ島の上で、鳥居を組み立てていきます。

2005

2006
ようやく鳥居の形に組みあがりました。

2007
鳥居を立てていきます。

2008

2009
鳥居奉納作業の完了です。

2010
新しく完成した「淤岐ノ島」の鳥居です。

2011
気多ノ前から見る淤岐ノ島です。

2012
白兎海岸に鎮座する「川下神社」と「淤岐ノ島」です。

淤岐ノ島の鳥居は、川下神社を向いて立っています。

2014
昨年10月の台風により鳥居が崩壊して、ようやく本日新しい鳥居を奉納することができました。

2013
川下神社に無事、鳥居奉納作業が終了したことを報告し、本日の作業は終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海開き前の白兎海岸清掃

今日は、白兎海水浴場の海開きを目前に、白兎地区住民、ローソン白兎海岸店、道の駅「神話の里 白うさぎ」、松の聖母学園のみなさんで海岸清掃を行いました。

8198
早朝6:00より作業が始まりました。

8199
清掃参加者は白兎海岸の東西に分かれて作業します。

1659
集めた漂着物は、運搬機で回収します。

1670
今日の作業で回収した漂着物です。

8688
清掃後の白兎海岸です。

8693
白兎海水浴場の海開きは、7月10日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

淤岐ノ島の鳥居奉納に向けて

今日は、白兎神社で淤岐ノ島の鳥居を奉納する神事が行われました。

601
朝から激しい雨が降る白兎神社です。

600
淤岐ノ島に鳥居を奉納する奉納祭、作業の安全を祈る祈願祭が執り行われました。

602
神事のあと、淤岐ノ島に鳥居を取り付けする予定でしたが、激しい雨と風で海は荒れており、本日の作業は中止となりました。

淤岐ノ島の鳥居は、昨年の台風26号によって、10月16日に倒壊してしまいましたが、このたび新しい鳥居を奉納することとなりました。(今度は海の穏やかな日に鳥居の取り付け奉納を行う予定です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

雨の白兎海岸に咲く橙色の花

今日は、久しぶりに雨の降る一日となりました。

1800

1802
ヤブカンゾウ(藪萱草)の花が咲き始めました。

1801
花期:7月~8月 八重咲きで花色はオレンジ色です。

これから国道沿いの海岸丘陵地で次々に花を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

白兎神社のガマ

1700
今日も暑い一日でした。鳥取市の最高気温は31.4℃となりました。

白兎神社の参道に展示している蒲(ガマ)の穂が付き始めました。

1303_2
古事記の中で、大国主命の国造りで登場する「稲羽之素兎」では、蒲(ガマ)が大変貴重な役割をします。

~古事記より~

因幡(鳥取県東部)気多岬(当地白兎と云われる)にて、毛をむしられて、皮膚が真っ赤になった兎が横たわっていました。

哀れな兎に、八十神(大国主命の兄神達)は「海水を浴びて風に当たってから、山の峰の上で休みなさい」と云われました。

1701
兎は教えのとおりにしたのですが、その身は引き裂かれ、皮膚はヒビだらけになり痛みに苦しんでいました。

そこに大国主命が通りかかり、兎から理由を聞くと(和邇をだましたこと、八十神に教えてもらったこと)、大国主命は苦しむ兎に云いました。

「すぐに河口に行き、淡水で身体を洗って、河口に生えるガマの穂の花粉を採って敷いて、その花粉の上で寝返りして転がれば、あなたの肌は元の通りに治るでしょう」

1304
大国主命の教えのとおりにすると、兎は元の姿にもどりました。

古来、ガマの穂には治血、治痛佐用があるとされ、日本神話に登場した最初の薬であり、大国主命は最初のお医者様でもあります。

1702
ガマの上に付いているのが雄花穂です。(花粉を出しています)

(雄花穂と雌花穂が離れているので「ヒメガマ」という種類になります)

1703
雄花穂です。(花粉が飛んでいます)

1704
下に付くのが雌花穂で、先端の雄花穂が散ってしまうと、残った雌花穂が熟して茶色になります。

1305
雌花穂です。

雄花穂が花粉を飛ばして散ってしまった後も、雌花穂は成長して大きくなり茶褐色の穂をつけます。

白兎海岸で見られる他の植物も、先に雄花が散ってしまい、雌花が残るものが多いようです(コウボウムギ、コウボウシバ、ネムノキ・・・)

そして、兎が身体を洗ったとされる河口が、御身洗池(みたらしのいけ)です。

1306
古代の頃は、周辺の河川や池とも繋がっており、河口の流出口だったと云われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

白兎海岸清掃 「白兎あすなろ」職員皆様

今日の白兎海岸です。

1800
今日の鳥取市、快晴の青空が広がり最高気温は、30.3℃となりました。

1801
白兎海水浴場は、海開きを7月10日に迎え、海の家(3軒)も建設がすすんでいます。

1802
今日は、白兎海岸近くの高齢者福祉施設「白兎あすなろ」の職員皆さんが、ボランティア海岸清掃に来てくださいました。

1803
先週に続いての海岸清掃です。ありがとうございます。

1804
漂着物の多くは「ワカメ」です。

1805
今日は、漂着物が残る海岸の西側を中心に清掃活動をしていただきました。

1806
白兎あすなろ」の職員皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »