« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

白兎神社のネムノキ

白兎神社では、参道の「合歓の木」の花が咲き見頃を迎えています。

1500

1501

1502_2

1503
合歓の木(ネムノキ) 淡紅色の花が綺麗です。

1302_3
花のように見える、淡紅色の糸のような毛は、おしべです。

右下に見える、白い長く伸びたものがめしべです。

おしべが散ったあと、めしべは残っています)

1512
残っためしべ(白い長いのです)とつぼみ

1504
ネムノキの葉は、夜になると、葉が合わさっせ閉じてしまい、その様子は木が眠っているようにも見えます。

とうことで、夕暮れの白兎神社に来ています。(時刻は19:30です)

1505
確かに、葉がピタッと、くっついています。

1506
閉じた葉は、下向きに垂れ下がり、本当に、木が眠っている様に見えます。

1513

15071508
お昼と夕暮れの写真を比べると違いがわかります。

よーく見ると、花も違います。

ネムノキの花は夕方から咲き始め、翌日の午後になるとしぼみはじめます。(花期は6月~7月)

15091510
お昼の花と夕暮れの花を比べてみます。お昼の方はしおれていますが、夕暮れの方は元気いいです。

1511
時刻は20:00になり、花にライトを当て撮影してみました。お昼よりも綺麗に見えました。

1514
白兎神社参道から見る日本海には漁火が見えました。

1515
これからの時期、山陰の日本海は「シロイカ(ケンサキイカ)」漁が盛んです。

1516
写真右側は鳥取砂丘の方向ですが、漁火が連なっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

白兎海岸清掃・白兎神社清掃

今日は、早朝6:00から白兎神社氏子の壮年有志で、白兎神社の清掃活動を行いました。

300

301_2

302

303
参道周辺の草刈を行っています。

304

305
清掃作業は3時間ほどで終わりました。

そして、同じくして7:00からは、白兎海岸のボランティア清掃が行われました。

205

200
今日は、中国創価学会 鳥取・湖南支部「山陰海岸を守る会」の皆さんが、毎年恒例となりました「白兎海岸クリーン大作戦」として、白兎海岸のボランティア清掃をしてくださいました。

201
海藻が漂着している海岸中央部を中心に清掃活動をしていただきました。

202
例年にない大量の「ワカメ」が漂着しています。

204
中には、「花火」の残りかすも。 海水浴シーズンになると、裸足で砂浜を歩くので、とても危険なんです。

203

206
たくさんの漂着物が回収できました。

207
清掃後の白兎海岸です。おかげさまで綺麗な海岸になりました。

208
今日は、中国創価学会 鳥取・湖南支部「山陰海岸を守る会」の皆さん、白兎海岸の清掃活動ご苦労様でした。(ありがとうございました。御礼)

地域の皆様のボランティア活動によって、美しい白兎海岸は守られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

夕暮れの白兎海岸に咲く「ユウスゲ」

今日の白兎海岸です。

8227
今日の鳥取市、最高気温は29.3℃となりました。

8179
白兎海岸に自生する貴重な海浜植物「ハマボウフウ」です。

8197
気多ノ前周辺の岩場では「ユウスゲ」の花が咲き始めました。

8203
少しわかりにくいですが、赤丸の周辺が「ユウスゲ」です。

1973
近くで見るとこんな感じです。

ユウスゲ(夕菅) 別名:キスゲ(黄菅)

ユリ科ワスレグサ属の多年草 ユリ(カンゾウ)の仲間です。

花は夕方から咲き始め翌日の午前には、しぼんでしまいます。

昼間は花が咲いていないので、夕方に再び来てみます。

8312
時刻は19:30です。 岩場に黄色い花が見えます。

8241

82642
夕暮れになって、「ユウスゲ」の花が咲き始めました。

8292

2113

2104
明日の朝にはしぼんでしまう。可憐で綺麗な花です。

8334
辺りはすっかり暗くなって、時刻は20:00です。

8342
日本海にはたくさんの漁火が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

ハマナス自生南限地・・除草後の自生地・・

今日のハマナス自生南限地帯の様子です。

1800
除草作業が終わって、綺麗になったハマナスの群生地です。

1801
「鳥取市シルバー人材センター」さんが、6月23日から25日まで3日間かけて除草作業をされました。(すっごく綺麗です)

1802
現在は、遅咲きのハマナスが開花しています。

1803

1804

1805

1807

1808

1809

1806
花が散った後のハマナスは、あおい果実が出来て、やがて朱色へと変わっていきます。

白兎海岸のハマナス、まだ開花が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

白兎海岸に自生する「オカヒジキ」

今日の白兎海岸です。

8111
砂浜に見えるブイ(浮標)は、海水浴場内の境界線に張るものです。

8098
白兎海岸の砂浜で見つけた植物。(何だかわかりますか)

8101
砂浜に自生する海浜植物の「オカヒジキ」です。アカザ科の一年草です。

4553
全国の海岸の砂浜等に自生し、海藻のヒジキに似ているので、「オカヒジキ」と呼ばれるそうです。

1827
実際に食用としても利用され、栽培も行われている所があるようです。

1831
この「オカヒジキ」ですが、鳥取県では準絶滅危惧種に指定されている植物です。

1833
そんな「オカヒジキ」が、白兎海岸に自生している姿を見て、少し嬉しくも思いました。

4454
「自生のオカヒジキ」・・・食べてみたい気もしますが、今後の成長を見まもっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

白兎海岸清掃 「白兎あすなろ」の職員皆様

今日の白兎海岸です。

4470
白兎海水浴場の海開きは7月10日(木)です。ただいま「海の家」建設中です。

今日は近くの「白兎あすなろ」の職員皆さんによる、白兎海岸のボランティア清掃活動が行われました。

4498
白兎海岸の中央から東側にかけての海岸を清掃をしていただいています。

4495
ちびっ子達も一緒にゴミ拾いをしてます。

4532
海岸の漂着物の多くは「ワカメ」です。

4492
前方の高台に見える建物が「白兎あすなろ」です。(白兎あすなろは高齢者福祉施設です)

4481

4491

4528

4511
本日は「白兎あすなろ」の職員さん、関係者皆さん、約30名の方が清掃活動に参加くださいました。(ちびっ子も大活躍でした)

4551
清掃後の白兎海岸です。綺麗になりました。

4544
「白兎あすなろ」の職員皆さん、本日の海岸清掃ご苦労様でした。(御礼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

ハマナス自生南限地・・除草作業してます・・

今日の白兎海岸です。

8001
海岸線に続く茶色の漂着物は「ワカメ」です。

8091
こちらは、ハマナス自生南限地帯の様子です。

8088_2
除草作業をされている皆さんがいらっしゃいました。

8093
除草作業をされてますのは、「鳥取市シルバー人材センター」の皆さんです。

私が普段する作業に比べると、完成度が違いすぎます。超綺麗です!

8094
今日の鳥取市、最高気温は25.6℃でした。暑い中、皆さんご苦労様です。

8089
除草作業は、今日、明日24日、明後日25日と3日間かけて行われるそうです。

プロの方の仕事を少しでも学んで、我々の日頃の作業に活かしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

気多ノ前の清掃作業

今日は、白兎地区の住民で白兎海岸の西浜・気多ノ前周辺の清掃作業を行いました。

1618
作業は、雨が降る中、早朝8:00より始まりました。

1621

1616
地区住民総出で草刈り、ごみ拾いをしています。

1635
白兎海岸に建つ「川下神社」。豊玉姫を祀っています。

1640
「白兎の丘」に続く遊歩道の草刈です。

1642
作業は3時間ほどで終了しました。 地元住民の地域活動、これからもがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

白兎花壇 イソトマが見ごろです

こちらは、白兎地区の住民で管理している花壇です。

4648

1765
この花は「イソトマ」です。近くの「松の聖母学園」の生徒さんが種まきから育てたものです。

4655
「イソトマ」の花は小さいのですが、花株が大きく広がるので見栄えがあります。

4647

1761
こちらは「ナデシコ」です。多年草なので、昨年植えたものが今年も元気に咲きました。

1787
こちらの花は「マーガレット」。和名は木春菊(もくしゅんぎく)です。

17801755_2
「マーガレット」は、白色のほかに、ピンク色、黄色の花が咲いています。

4667
毎日の水やり、除草など花壇の手入れを住民が協力して行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

出雲国一之宮 熊野大社

今日は、島根県の熊野大社に来ています。

4915
熊野大社は素戔嗚尊(すさのおのみこと)を御祭神としています。

Kei

4813
こちらが、熊野大社駐車場です。

5003

4818
国道に面した所にある「一の鳥居」です。

4824
松の参道を歩きます。

48304828
一の鳥居そばの狛犬です。

4834
「二の鳥居」です。

4839

4860
境内の八雲橋と奥に見えるは「三の鳥居」です。

4865
「三の鳥居」は木製です。

4872
手水舎です。

4878
境内の案内板です。

4884
随神門と奥に拝殿が見えます。

4893
随神門の大きな注連縄です。

4900
見上げると迫力あります。

4986
境内全景です。

4921
拝殿、奥に本殿が見えます。

4923

4928
拝殿の大きな注連縄です。

4966
御本殿です。

4930
拝殿右手の稲田姫(素戔嗚尊の皇后)を祀る稲田神社です。

4597
拝殿左手は伊耶那美尊を祀る伊耶那美神社です。

4968
荒神社(御祭神は素戔嗚尊)。旧熊野十一地区の各荒神社が合祀されました。

4946
御守所です。

49484955

4951
熊野大社の絵馬掛けです。

4953
鑽火殿(さんかでん)です。熊野大社では、鑽火祭の時に燧臼(ひきりうす)と燧杵(ひきりぎね)=(古代の火を起こす道具)を出雲大社宮司に授け渡す儀式があり、古伝由緒を伝える建物です。

4916
舞殿です。中には大きな絵馬が奉納されていました。

49824989
境内には、「縁むすびの榊」と「夫婦和合 連理の榊」がありました。

4994
駐車場近くに「さざれ石」が奉納されていました。

4997
学名は「石灰質角礫岩」です。長い年月の間に石灰石が溶解して小石を集結しつづけて巌になりました。(案内板より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

白兎海岸にワカメが漂着

今日の白兎海岸です。

4708
海岸には漂着物が点々と・・・

4810
大量のワカメが海岸に打ち上げられていました。

4805
今月も、ボランティアの皆さんに海岸清掃をしていただき、綺麗な海岸になってましたが、自然にはかないません。

4792

4799

4789
次回の海岸清掃は、大仕事になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

竈山神社(かまやまじんじゃ)

今日は、和歌山市の竈山神社(かまやまじんじゃ)に来ています。

1500
竈山神社は、彦五瀬命(ひこいつせのみこと)をお祀りしています。

1501
彦五瀬命は、第一代神武天皇の兄君で、大和平定の途中戦傷、雄水門(ヲノミナト)で亡くなられ、竈山に葬られました。

今から千年程前の国の法律である延喜式の神名帳に「紀伊国名草群 竈山神社」とあり、古くから官幣に与る皇室御崇敬の大社でありました。(竈山神社由緒より)

1502
系図にするとこの様になります。

15141515
竈山神社の狛犬です。

1503
境内参道です。

1504

1505
境内の神池にはスイレンが咲いていました。

1506
手水舎です。

1507
神門です。

1508
竈山神社の拝殿です。

1509
境内に大きな「合歓の木」があります。

1510

1512

1511
「合歓の木」の花が咲いていました。

1513
奥が御本殿です。

1516
絵馬掛けです。

1517
お札、お守り。

1518
おみくじ。

1519
神社の周囲は道路が走り交通量もありましたが、境内はとても静かでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

白兎神社の大祓祭

今日の白兎神社です。

300

今日は、白兎神社氏子の大祓祭(おおはらいさい)が行われました。

301_2
大祓祭は、私たちの日頃の生活において、知らず知らずのうちに身に付いた罪や穢れを祓い清める神事です。

302
白兎神社では、一年間の半分にあたる6月に、人形(ひとがた)と呼ばれる紙に氏名、年齢を書いて、一切の罪穢れを人形に托し、心身を祓い清めてもらいます。

303_2
そして、心身とも清らかになって、残りの半年間を新たな気持ちで迎えることができます。

304
今年も残り半年間。皆様の無病息災をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

ハマナス自生南限地・・6月13日・・

今日の白兎海岸です。

400

401

402
こちらは、今日のハマナス自生南限地帯の様子です。

403
ハマナスの見ごろのピークは過ぎてしまいましたが、遅咲きの花が次々に咲いています。

404

405

409

406
綺麗に花を咲かせているハマナスもあります。

407
花が咲いたあとには果実ができます。

410
こちらは少し赤みがかった果実です。

411
久しぶりに見た「てんとう虫」です。アブラムシやカイガラムシを食べてくれるので、ハマナスにとっては良い虫かも知れません。

408
これから開花するハマナスです。

ハマナスの花、まだまだ見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

白兎海岸に咲く海浜植物

今日の白兎海岸です。

200

201
「ハマウド」です。セリ科植物で高さは1.5mほどにもなります。

202
白色の小花が咲き始めました。

204
「テリハノイバラ」と「ハマヒルガオ」です。

203
テリハノイバラ(照葉野茨)は、バラ科のつる性植物です。葉には光沢があり、白い花を咲かせています。

205
岩場に黄色い花を咲かせているのは、「タイトゴメ」です。

206
ベンケイソウ科の多年草で、白兎海岸の岩場でよく見られます。

217
手前の白い花は「ハマボッス」です。

216
「ハマボッス」は、サクラソウ科の植物で葉は厚くて光沢があります。

207
「コウボウムギ」の群落です。

208
こちらは雌株です。

209
雄株は茶色の穂をつけています。

210_2
一面に広がる植物は「コウボウシバ」です。

211
「コウボウムギ」より小さく、雌雄同株の植物です。

212
「ハマニガナ」も咲いています。

213
キク科の多年草で、「ハマイチョウ」とも呼ばれます。

214
「ハマヒルガオ」の群落です。

215
ヒルガオ科の多年草植物です。ピンク色の花が海岸に映えます。

218
梅雨時期の白兎海岸。歩いてみるとたくさんの海浜植物を見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

ハマナス自生南限地・・6月5日・・

今日の白兎海岸です。

501
鳥取市を含む中国地方は、6月4日(昨日)に梅雨入りの発表がありました。

502
午前中は雨が降っていましたが、午後からは雨も止み曇り空となりました。

500
こちらは、ハマナス自生南限地帯の様子です。

503
今日の鳥取市、最高気温は24.3℃でした。 

504
ハマナスの花、まだ咲いています。

505

506

507

508

509
花が散ったあとには、青い果実ができています。

510

511
そして、これから花が咲こうとしているハマナスもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »