« 春の白兎海岸清掃 | トップページ | 「白兎の丘」清掃作業 »

2014年4月28日 (月)

春の鳥取砂丘 「馬の背」と「砂丘植物」

今日は、鳥取砂丘に来ています。

800

802
手前の植物は、「コウボウムギ」の群落です。

803

804805
「コウボウムギ」の雄株(左)と雌株(右)です。

826_2
これから、「馬の背」を目指して歩きます。

806

807
見た目以上に急こう配の斜面です。

808

810_2
「馬の背」の上から見る景色です。

815_2
目の前に広がる「日本海」

812_2
歩いてきた方向を振り返ります。

811_2
「馬の背」の標高は47m前後もあります。

809
「馬の背」東側は「風紋」が見やすい場所です。

824_2
白兎海岸の方向を望みますが、曇り空でぼんやりしています。

813_2
望遠で見ると、白兎海岸が薄っすらと見えました。

814_2
「馬の背」の西側へ移動中です。

816_2
「馬の背」の西側も「風紋」が見やすい場所です。

817_2
「オアシス」周辺には「コウボウシバ」の群落が広がります。

818_2
同じような「コウボウムギ」よりも一回り小さい砂丘植物です。

821_2
「コウボウシバ」は、雌雄同株で、雌花は緑色の粒がついてて、雄花は茶色の穂が出ています。

825_2

827_2
今日は、午後から雨が降りましたが、大型連休前半でもあり、県外から多くの観光客が来られていました。

広大な景色と一緒に、砂丘植物を見て歩くのもいいですよ。

|

« 春の白兎海岸清掃 | トップページ | 「白兎の丘」清掃作業 »

鳥取砂丘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591403/59546153

この記事へのトラックバック一覧です: 春の鳥取砂丘 「馬の背」と「砂丘植物」:

« 春の白兎海岸清掃 | トップページ | 「白兎の丘」清掃作業 »