« 鳥取港から見る朝日 | トップページ | ハマナス自生南限地・・2月28日・・ »

2014年2月27日 (木)

鳥取砂丘と多鯰ヶ池弁天宮

今日の鳥取砂丘です。

01_3

こちらは鳥取砂丘の近くにある多鯰ヶ池に鎮座するお社です。

02_2
大きな大鳥居が建っています。

03
 こちらのお社は多鯰ヶ池弁天宮と呼ばれ、弁天さんが祀られています。

04
参道には砂像が展示してあります。

05
砂像のとなりには案内版がありました。

多鯰ヶ池に伝わる「お種伝説」と「砂像」につての説明があります。

0706
この砂像は、蛇体が弁財天を通ってお種に変身する様を表現しています。

08

09_2
社殿に向かい参道を下ります。

10

19
多鯰ヶ池が見えてきました。

11

12

13

14
こちらが社殿になります。

15_2

1617

18

~お種伝説~ (案内版より)

昔、国府町に裕福な長者が住んでおり、そこにはたくさんの 使用人が働いていました。

この長者の家に福部村の細川からお種という美しい女の人が雇い入れられました。

この長者の家では、夕方になると仕事を済ませた大勢の使用人が 三人、四人と集まって世間話をしていました。

誰かが「腹へった」、「何かうまいものが食いてえなあ」と言うと 決まってお種が甘い柿の実をたくさん取ってくるのでした。

初めは誰も不思議に思わなかったのですが、度重なると、中には疑いだす者もでてきました。

あるとき若者が、お種のあとを追ってみると、お種は 多鯰ヶ池に着くなり着物を脱いで蛇体となりました。

お種は池の中ほどの小島まで泳ぎ、そこにあった柿の木によじ登り、その実を取ろうとしていました。

これを見た若者は仰天し震えながら逃げ帰り、そのありさまを一部始終、長者に報告しました。

自分の素性を知られてしまったお種は、その夜限りで長者の家には帰らず、そのまま多鯰ヶ池の主になってしまいました。

長年、長者の家に住んでいた老婆は、この事を聞いてたいそう哀れみ、池のそばに荒神さんのほこら(現在のお種のお社)を建てて祀り供養してあげました。

大きな地図で見る

|

« 鳥取港から見る朝日 | トップページ | ハマナス自生南限地・・2月28日・・ »

鳥取砂丘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取砂丘と多鯰ヶ池弁天宮:

« 鳥取港から見る朝日 | トップページ | ハマナス自生南限地・・2月28日・・ »