« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

白兎神社 ~大鳥居~

こんにちは。

今日の白兎海岸は曇り空でしたが、時々晴れ間も見られ心地よい天気でした。

お昼の気温は10℃もありました。

004
005

白兎神社の参道入り口 大鳥居です。

006

この大鳥居は、昭和42年に建てられたものです。(柱には昭和43年4月吉日とあります)

.

下の写真は、今日の白兎神社です。002_2
001_2
上の写真は、昭和45年頃の白兎神社参道前です。

今と比べると・・・たくさん松の木があったんです!

松の木をよ~く見ると、みんな斜めになっています。

海岸からの強風による影響でしょうか。

15
白兎神社の案内版に、神社社叢(天然記念物)の由来が書いてありました。

神社周辺にある黒松が、冬の寒風を遮ったことにより、周辺に自生する樹木が原始林景を残すまでになったとあります。

白兎神社の周辺はすっかり変わってしまいましたが、大鳥居は昭和42年当時のままの姿で今も参道前に建っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

ヒナギクの花

こんにちは。

今日の白兎海岸は、時折晴れ空も見られました。お昼の気温は4℃でした。海岸から吹く風は冷たく、とても寒く感じます。

602_2 

604

605

今日は、白兎地区運動公園の花壇を紹介します。

002_2
この花壇に植えてある花は、ヒナギクです。(場所はローソンの裏側です)

600

近くの松の聖母学園の生徒さんの協力により植栽しています。

003_2
寒~い今の季節ですが、花が咲いてます~!

004_2
わかりますか~!

601
こんな感じで咲いてました!。

春が来るのが待ち遠しいですね。

近くを通られたら立ち寄ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

白兎 ~今☆昔~ 昭和56年

こんにちは。

今日は昭和56年の白兎海岸にタイムスリップしてみます。

今から32年前の白兎です。

.

001
002
上は今日の白兎海岸です。強風や荒波で海からの漂着物が来ています。

下の写真は昭和56年5月10日 白兎大運動会の写真です。

淤岐ノ島をバックにラジオ体操をしています。

.

004
003_3
上の写真は今日の白兎海岸です。

下の写真は昭和56年の運動会 幼児による「旗とり」の競技です。

.

008_2
006_2
上の写真は今日の白兎海岸です。

下の写真は海岸マラソン?でしょうか。長い距離を走っているようです。

.

022020
下の写真は、ボールを上にあげてロープをくぐらせる競技?でしょうか。

子供は高くボールを上げるのが難しそうです。

.

023024
下の写真はボールを使った競技が始まるところです。

下の写真、左上に川下神社のお社が見えます。

現在はこの上にお社を移しています。↓
025

.

032
運動会の定番種目水くみです。

033
こちらは、じゃがいもの皮むきのようです。

034
こ、これは・・・大国主命と白兎神のようです。

030_4031_3

運動会のしめくくりは綱引きです。

皆さん楽しそうです!

32年前の昭和56年5月10日 白兎大運動会の様子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

白兎 ~今☆昔~ 昭和34年

こんにちは。

今日は白兎の古い写真を紹介します。

記録では昭和34年・白兎地区大運動会となっていました。

今から54年前の白兎の風景です。


601

50030
上が今日の白兎海岸。下が昭和34年のものです。

後方は気多ノ前です。

白兎海岸の砂浜で運動会をしていたんです。

みんな浜辺を力走しています!

.

401

50040
この競技は二人三脚のようです。

古い写真の左側に川下神社のお社が見えます。

603_2
昭和34年の川下神社お社と、現在の跡地

当時はこの場所にあったのですが、強風で痛んだり、荒波で流されたりして現在はこの海岸より上側に移されました。

川下神社の話しになりますが、この地は海神の娘・豊玉姫命(とよためひめ)がここ神ヶ岩において、鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)を生んだ場所と云われています。

子を産む時に夫の山幸彦に自分の本当の姿を覗かれた事を恥ずかしく思い、豊玉姫命は海に帰ってしまわれたので、この地に豊玉姫命をお祀りされたと云われています。

.

50011

50010
白兎海岸の西側から東の方向を見ています。

何の競技かな・・ちょっと分かりませんが、みんな楽しそうです。

.


今日の白兎海岸は、かなり強い北風が吹いて、海からのゴミが漂着していました。
405   

50020
仮装行列でしょうか。

大きな袋を肩にかけた大黒様の姿が見えます。

大黒様の隣には、可愛らしい白うさぎちゃんがいます。

.

404_2 

50050
何をしてるかな・・ 相撲をしてるように見えます。

バックに写る淤岐ノ島クロマツは、こんなにも大きかったんです。

昭和34年、私はまだ生まれていないので、懐かしさよりも新鮮な感じになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

白兎 ~今☆昔~ 昭和40年頃

こんにちは。

今日は、白兎の昔懐かしい写真を紹介します。

201

200
上は現在の写真。下の写真は 昭和40年代前半と思われます。

夏の海水浴シーズンのようです。すごい数の車です!
国道まで車がはみ出しています。

今の白兎うどんさんの裏にはがこんなに茂っていたんです。

.

203

202
上の写真は現在です。白兎うどんさんの裏側の道路を撮影したものです。写真奥には白兎神社があります。

道路の両脇には海水浴のお客さんの車が遠くまで並んでいます。

松林が続いてて、奥の白兎神社にも大きな松の木が見えます。

.

205

204
上の写真が現在です。下の写真も昭和40年代頃だと思います。(写真が汚れていてすいません)

昔の写真をよ~く見ると、右下にドッキリ屋敷の看板が・・・

そういえば子供の頃、夏になると白兎海岸にお化け屋敷が出現して行ったような記憶があります。

むかし懐かしい写真を発見したらここで紹介させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

有馬温泉 ~大国主命ゆかりの温泉街を歩く~

こんにちは。

今日は、研修で神戸の有馬温泉に行ってきました。

001
朝の有馬温泉は薄っすらと雪が積もっていました。

002
ねね橋のねね様像も雪化粧

026

027
早朝の有馬温泉街を散策。 まだ人通りがありませんが風情があります。

有馬温泉の歴史

003
有馬温泉は日本最古の温泉といわれています。

大己貴命とは、大国主命の若い時のお名前です。

神話「因幡の白うさぎ」に登場する大国主命ですが、少彦名命と国造りに励まれ、各地の温泉を開かれたという伝説も伝わっています。

古来、温泉は治療法のひとつとして大変ありがたくされました。

004
大己貴命(大国主命)をお祀りする、湯泉神社です。

005
湯泉神社の社殿に向かう参道の階段です。

006
湯泉神社の拝殿です。

007
湯泉神社の案内板です。

008

010

009
拝殿前の狛犬です。

.

周辺にあるお寺です。

011

012
黄檗宗の温泉寺です。

013

014
浄土宗の極楽寺です。豊臣秀吉とゆかりある寺院です。

.

有馬温泉の街並み

015
お土産やさんが並びます。

016
温泉街の中心にある外湯金の湯です。

017
温泉街中心から少し坂を上ったところにある外湯銀の湯です。

.

人だかりの先には・・・

018
おさるさんがいました。 

019
可愛らしいおさるさん、まだ1歳なんです。

020
体は小さくても、仕事は一流です。

021
これから、この高いハードルを飛ぶので慎重にセッティングしています。

122
ジャンプは見事に成功です。 着地も決まって、かっこいい!

123
次は逆立ちでジャンプです。 これも成功!

025

028
素晴らしい演技を見せてくれた可愛いおさるさんでした。


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

白兎海岸 ~春がやって来た~

こんにちは。

今日は2月とは思えないような快晴の気持ちよい天気で、お昼の気温は10℃ありました。
~春がやって来たようなお天気でした~

01

17

14
白兎海岸もい~い天気でした。


19
海岸に目を向けると海に人影。サーフィンの方です。

04
鳥取県岩美町出身の田村虎蔵先生が作曲された童謡大黒さまの歌碑です。

18

13

06
神話「因幡の白うさぎ」で白ウサギが流された淤岐ノ島

07

16

08
淤岐ノ島から気多ノ前に連なる波食棚が鰐サメの群れのように見えます。

09

10


11
今日は天気が良く、波食棚もはっきりと確認することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

ジオガイド講習

こんにちは。

今日は、白兎観光協会と鳥取市観光コンベンション推進課による白兎の観光ガイド講習が行われました。

山陰海岸ジオパークの西に位置する神話の地・白兎の魅力を伝える観光ガイドをスタートする計画で現在すすめています。

今日は観光ガイドさん、白兎観光協会、鳥取市職員の関係者が集まり、実践さながらにガイドコースを歩いてまわりました。

白兎神社前をスタートします。

02
大国主命と白うさぎ恋人の聖地heart01白兎海岸について説明をしています。

03
山陰海岸ジオパークについて、白兎海岸について説明中です。

04
海からの冷たい風が吹き付ける中、皆さん真剣に聞いていました。

05
大国主命と八上姫が恋をした場所 恋島 の説明をしています。

06
白兎海岸にある川下神社が元あった場所です。

07
現在の川下神社です。 荒波や強風で流され今の場所に移りました。

08
杖突井戸の中を覗いています。 杖突坂を上ります。

09
気多ノ前から白兎海岸を望みます。 寒かったです。

10
昨年12月に完成した、気多ノ前展望広場です。

この後は白兎神社を歩きましたが、多くの観光客の方が来られてました。

12

11

白兎観光協会では、4月の観光ガイド開始を目標に取り組んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

鹿野城跡公園 ~ 白鳥のいる公園~

こんにちは。

今日は晴れの穏やかな天候でした。


18
今日は鳥取市鹿野町の城跡公園に行ってきました。白兎海岸からは10kmほどの距離で車で20分程度で着きます。


19
戦国時代は亀井茲矩の居城として城郭や城下町が改築された歴史を今に残す史跡です。

02
外濠から見る鹿野城跡公園です。 先日に降った雪が残っています。

03

06
ハクチョウがこちらに向かってきました。

07
くちばしの付け根にコブがあるので、コブハクチョウでしょうか。

08
エサをもらいに私の方に来たようです。

09
私に向かって存在をアピールするかのように近づいてきます。

10
ハクチョウがもう一羽やってきました。私の目の前で得意げに泳いでいます。

11
何かを食べて飲み込んでいるようです。

12
カモもやってきました。小さなカモですが夫婦のようです。

13
キンクロハジロ(金黒羽白)という種類です。目が黄色くて、羽が黒くて、お腹が白いカモです。
手前(オス)の後ろ髪はかっこいいですね。奥のお腹が茶色い方はメスだと思います。

14
おぉっと。 目が合ってしまいました。

15
優優たる姿のハクチョウです。

16
二の丸より。ちょうど青空が出ていました。

17
鹿野城跡は、現在は公園として整備されており、周辺の町並みもとてもきれいです。

今日はハクチョウの紹介しかできませんでしたが、白兎周辺のおすすめ観光スポットも紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

白兎神社 ~不増不減の池~

こんにちは。

昨日は積雪は少なかったものの、吹雪きのような天候で寒~い一日でした。

今日は、晴れ空も見られ路面の雪はすっかり消えてしまいました。

01

02

03
白兎神社の境内は、うっすらと雪が残っていました。

06
参道にも少し雪が残っています。

04
白兎神社の社殿前にある、御身洗池(みたらしのいけ)です。

05

07
神話「因幡の白うさぎ」に登場する白兎神が、傷口を洗い蒲の花を採って傷につけられ、全治したと伝えられる霊池です。

12
白兎神社の主祭神は白兎神です。参道にはかわいらしいうさぎの石像が並んでいます。

08

09
今は濁りのある小池となりましたが、古代の頃はこの近くまで海が迫っており、河口近くにあったようです。近くにあった池の流出口でもあり水門と呼ばれ、古代の頃はきっと、きれいな水であふれる池だっと思います。

13

14
この池は雨が降っても降らなくても水位の増減がないとされる為、「不増不減の池」とも呼ばている不思議な池でもあります。池の周囲は100mほどあります。

15
不増不減の池の周囲に広がる常緑広葉樹は国指定天然記念物(昭和12年12月8日指定)となっています。 

10

11
白兎神社の社殿です。 今年は雪が少ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

こらぼdeジャンプ ~花トリピー 登場~

こんにちは。

今日は、鳥取市のとりぎん文化会館で行われた「こらぼdeジャンプ」に行ってきました。

01
この催しは、鳥取県での農商工連携地域資源を活用した取組を広く知っていただくために鳥取県主催で行われています。

02
正面入り口から入ります。

03
花トリピーがお出迎えです。

花トリピーは、第30回全国都市緑化とっとりフェア「水と緑のオアシスとっとり2013」をPRするマスコットキャラクターです。

04

05
会場は多くの人でにぎわっています。

09_2
再び、花トリピーを発見!

06
ヨチヨチと階段を下りて行きました。

08
そして、正面入口で来場者をお迎えしてました。

07_2
「水と緑のオアシスとっとり2013」のPRマスコット 花トリピーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

白兎神社 ~雨の神社を歩く~

こんにちは。

今日の白兎地区は雨が降っていました。お昼の気温は5℃です。

最近は気温が10℃くらいの日が続いていたので、急に寒くなった気がします。

01

02
今日は雨が降る中、白兎神社を歩いてきました。

03

04
雨といっても小雨だったのでご覧のような天気でした。

05
雨が降ると憂うつになりがちですが、雨の神社は風情があっていいですよ。

06

07
神話「因幡の白うさぎ」の舞台となった白兎神社は、白兎神を主祭神としており、参道には可愛らしいうさぎの像がご参拝の皆様をお迎えしています。

08
手水舎の右手には御身洗池があります。

09

10
白兎神社の西側に広がる常緑広葉樹は天然記念物に指定されています。

11
白兎神社の社殿です。

13
白兎神社のしめ縄は、「伊勢錦」というもち米(飾り専用)を地元で作って使用しており、出雲大社と同じ左本右末の様式になっています。

14
白兎神社の本殿です。

15

16
白兎神社の拝殿前にあるアスナロの木です。

17
雨が降って気分が下がり気味の時でも、白兎神社に行くと心が落ち着きさわやかな気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

ジェラート ~フィオリトゥーラ・鳥取 白兎店~

こんにちは。

今日は立春です。今日の白兎海岸は雨模様の天候でしたが、暖かくお昼の気温は10℃ありました。
200

今日は、道の駅「神話の里 白うさぎ」の中にある、ジェラートのお店、「サクラジェラテリア・フィオリトゥーラ」さんに行ってきました。

103_2

101

100
四季を感じる美味しそうな12種類のフレーバーから選ぶ事が出来ます。

.

102
upwardright 「クィーン ピスタチオ」

乳独特の風味で「ナッツの女王」と呼ばれるピスタチオの深みのある味わいです。

.

104
upwardright 「太陽の恵みマンゴー」

濃厚でまろやかなマンゴーを、果実のままで味わうような本物テイストが人気の一品です。

.

106
upwardright 「フランス木苺のヨーグルト」

甘酸っぱい風味の木苺と、コクのある風味のヨーグルト。二つの味の組み合わせが、甘みと酸味をより深く、上品に引き立てる一品です。

.

105_2
upwardright 「ジャージーミルクと抹茶」のダブルです。

希少な阿蘇小国ジャージー牛乳を100%使用。なめらかな食感と、口の中に広がる濃厚で豊な味わいです。

抹茶は福岡県八女産高級抹茶を使用。爽やかな苦みが甘みとよくなじみ、風味も豊かです。

.

107_2
upwardright 「ハッピーあまおう」

志賀島の契約で育てられた甘みたっぷりの苺「あまおう」と阿蘇小国ジャージー牛乳の幸福な組み合わせ。期間限定の美味しさです。

.

108

109_2
白兎海岸、白兎神社へお越しの際には、是非お立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

白兎地区の消火栓点検 ~消防団員の活動~

こんにちは。

今日は、白兎地区内の消火栓点検をする地元の消防団員に同行しました。

001
002003
白兎神社前の消火栓点検です。消火栓のフタを開けて、中の状況を確認します。
水が出る事を確認し、中の金属部の確認、掃除した後に潤滑・防錆スプレーを散布します。

.

004_2
005006007
次は、道の駅「神話の里 白うさぎ」近くにある消火栓に移動し、同じように点検を行っていきます。

.

007_2
白兎地区内にある消火栓を点検していきます。(計10か所の消火栓があります)

.

008
ローソン白兎店の裏側にある消火栓です。

.

009
消火栓の口金の接合部は可動状態を確認します。

.

010
道の駅「神話の里 白うさぎ」駐車場内にある、防火水槽の水位確認です。

消火栓は消火活動に必要な水を供給する為の設備です。白兎地区内には地下式消火栓が10か所設置してあります。

地元白兎の消防団員が定期的に消火栓の点検を行っています。

今日、同行した地元の消防団員は、鳥取市消防団末恒分団に所属する、四班白兎の団員(6名)の皆さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

日本神話の神社を訪ねて ~日根神社・泉佐野市~

こんにちは。

今日は、大阪府の泉州地域の方に行っておりました。

泉佐野市に日本神話の神様を御祭神とする日根神社があります。

001

008_2
日根神社は、日本神話に登場する鵜萱葺不合命うがやふきあえずのみこと)玉依姫命(たまよりひめ)の夫婦の神様が御祭神とされ祀られています。

白兎神社は、豊玉姫を合祀していますが、鵜萱葺不合命は豊玉姫の子供にあたり、玉依姫は妹にあたる神様です。


Keizu1_2
簡単な系図を作りました。(ただ今、日本神話に登場する神様について勉強中です)

002
それでは日根神社にお詣りしてきます。

009
社殿へ向かいます。

010
広い境内に大きな社殿です。

011

012
大きな狛犬が立っています。

013
奥に朱塗りの本殿があります。

015

014

007

016_2
広い境内の中、鮮やかに赤い椿の花が咲いていました。

日根神社についてはHPがあります。


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »